たった2つのブログ収益化戦略「最初と最新×感情ライティング」

 

古いデータなので参考程度に考えなければいけませんが、2009年に総務省が発表した試算によるとブログ運営者の継続率は1年継続30%、2年継続10%、そして3年継続となると3%ほどになるとのことでした。

 

1年継続で30%とはかなり多いように感じますが、この試算の調査対象は「アクティブブログ:1ヵ月に1回以上の頻度で継続的に更新されているブログ」となっているので、すべてが収益化を目的としたブロガーではないと考えられます。

 

実際のところ週に1回程度の更新であっても“ブログで収益化”は難しいですから、30%の中にいる更新頻度の少ないブロガーのほとんどは趣味ブロガーなのでしょう。

 

ブログで稼ぐ事を目的としたブロガーが生き残っている確率は、一般的に言われているように1年継続で5%~10%程度というところが現実なのではないでしょうか。

 

当コンテンツではブログで収益化を目的とするなら、最初に理解しておかなければならないブログ戦略を初心者ブロガー向けに説明しています。

 

※ここで言う「収益化」とはアルバイトやパートのような、時給計算で賃金を得る仕事では稼ぐ事の出来ない額をイメージしています。また「ブログ」とは「稼ぐ事が目的」のWordpressブログです。

 

Googleの方針に従えば稼げます「ブログはオワコン」は嘘

アドセンスブログやアドセンス自体がオワコンと言われだしてから久しいですが、実際には月収6桁、7桁といった収益をアドセンスだけで稼いでいる人は今でもたくさん存在します。

 

そんなブロガーたちは例外なく正しい戦略を使っているので、Googleのアップデートを恐れることなく安定した収益を出せています。

 

基本を守り戦略どおりに実践すれば、まだまだ令和の時代もパソコン1台で自宅で稼ぐ事ができるのです。

 

では、なぜブログは稼げないと言われているのか…

それは2016年のウェルク問題を発端に頻繁に行われるようになった、Googleのコアアップデート(検索順位表示の見直し)が原因です。

 

2018年の11月まで行われたこれらの「ウェルクアップデート」により、それまでGoogleを騙すような手法で年収7桁、8桁と荒稼ぎしていたアフィリエイター(ブロガー)が一気に淘汰されてしまい、“ブログではもう稼げない” といった話に至ったのですーー。

 

実際にウェルクアップデート後のSEOが、それまでのように安易なものではなくなってしまった事も一因かもしれませんが。

 

初心者ブロガーが陥る大きな間違い

インターネットの世界はGoogleが仕切っているのは皆さんご存じのとおりですが、あのYahooもGoogleの検索エンジン技術を利用していることはご存じでしょうか。

 

つまりブロガーはインターネットの世界を牛耳っているGoogleの方針に従ってコンテンツを用意(記事を書く)しなければ稼げないのです。

逆を言えばGoogleの方針をちゃんと守れば稼げる(収益が上がる)ようになっています。

 

ですが。。。

 

ここで皆さん間違ってしまうのが

Googleは価値のあるコンテンツを求めている

この解釈です。

 

自分の実体験やそれまで培ってきた知識を記事にして、「お役立ち情報だからGoogleが評価してくれるだろう」と思ってしまうーー。

 

これが大きな誤りなんです。

価値を決めるのはあなたではなくGoogleです、あなたが価値があると思ったことにGoogleは価値を感じてくれません。

ここを理解しましょう、そうすれば間違いなく稼げます。

 

たった2つのブログ戦略「最初と最新×感情ライティング」

ドメインを取得したばかりのブログには、インターネットの世界で自分の存在をアピールできるような力はまだありません。

せっかく書いた記事も基本的には検索結果にも表示されないのです。

 

だから少しでも早く(最短で)Googleの評価をもらい、検索表示され読まれる(稼げる)ブログに育てたいわけです。

 

ところが多くの初心者がここで戦略を間違えてしまい、誰にも読まれないブログを書き続けてしまうのです。

 

時間をかけて記事を積み上げる方法を選ぶと続きません。最初にお伝えした継続率でご理解いただけるかと思います。

 

いかに短い期間でGoogleから評価されるか、検索上位を取れるブログに育てるか、そこが稼ぐブログ戦略の肝になってきます。

 

戦略1.新しいものを選ぶ「最初と最新」

最短で生まれたばかりのドメインを育てる戦略のひとつ目は、「新しいものを選ぶ」です。

 

たとえばディズニーランドが大好きで知識では誰にも負けないからと、いつも宿泊する「ディズニーシー・ホテルミラコスタ」の記事を書くとします。

 

キーワードを「ディズニーシー・ホテルミラコスタ + ルームサービス」「ディズニーシー・ホテルミラコスタ + レストラン」などしっかり書けるものを選びました。

 

でも結果はどうでしょうか。。。

はい、どんなに熱量を入れて詳しく書いたつもりでも検索結果に出ることはないでしょう。

 

理由は簡単、その情報は既にあるからです。

 

また、生まれたばかりのブログ(ドメイン)をGoogleは評価しません、そのことはGoogleの定めるE-A-Tからも理解できます。

Googleが定めている評価指針、E-A-Tとは。
・Expertise(専門性)
・Authoritativeness(権威性)
・Trustworthiness(信頼性)

どこの誰かも分からない一般人のレヴュー記事をいきなり検索結果に出すのはリスクがあるということです。(運営者情報が重要)

 

運用歴のない生まれたばかりのブログでは、

  • 既にある情報ではないか
  • 誰が言っているのか

この2つを意識して新しいキーワードで記事を書くことが大切です。

 

またGoogleは「最初を残す」と「最新を優先する」と言っています。

この2大要素を意識してホテルのレヴュー記事を書くならば、ディズニーの有名なホテルではなく新しく開業したばかりのホテルを狙わなければいけません。

 

まだGoogle検索にも出てこないホテルに関する新しいキーワードでまず「最初」を取りに行きます。次にその記事を追記したり料金やアクセスなどの関連記事を増やして「最新」情報も追加していく。

 

このような記事を書き続ければGoogleからの評価をどんどん得られます。

 

注意しなければいけないのは、この新規開業ホテルが大きな話題になっていなければならないということ。

・地方のホテルの開業情報には需要がない ⇒ 読まれない記事は評価されない

 

多くの人が注目するような大きな需要のあるもので「最初と最新」を狙います。

 

戦略2.差別化(感情ライティング)

ところが、大きな需要があるという事は「稼げる」ということ、当然ライバル達も放っておくはずがありません。

では、生まれたてのブログがどうしても勝ちたい新しいキーワードで、ライバルの上を行くにはどうしたらよいのか?

 

そこで2つ目の戦略、「差別化」が必要になってきます。

 

差別化とは ⇒ 感情移入

私たちのコンサルチームでは「感情ライティング」と呼んでいますが、喜怒哀楽といった感情を出したライティングで価値を作ります。

 

喜怒哀楽を出したライティングと言っても感想文ではありません。ヤフコメやツイッターで書かれているようなありふれた感想には価値はないです。。。

 

感情ライティングとはその名のとおり読者の感情を動かすライティングですが、実際はそう難しいものではありません。

記事ネタの対象者(物)に読者が抱く喜怒哀楽の感情を想像できれば誰にでも出来ます。

 

だいたい1~2週間程度練習していけばコツをつかむことができるでしょう。

 

感情ライティングが身に付くと読者からのコメントも頻繁に送られてくるようになりますし、ページ滞在時間も長くなります。

直帰率が低ければ当然評価も上がります。

 

また、この感情ライティングで使用したキーワードをタイトルに入れることで、読者を記事に誘導することもできるのでPV獲得の大きな武器にもなります。

 

ブログで稼ぎたいのなら一旦こだわりを捨て自分の書きたいことはストップする。

そして需要のある場所で新しいキーワードを使って感情ライティングをしてください。

 

もちろんブログに割ける時間は人それぞれ事情が違うので、成長スピードには個人差がありますが、この2つの戦略と強い覚悟さえあれば稼げないことなどありません。

 

「2つの戦略」はネットビジネスの入口に過ぎない

まずは稼ぎやすい所で最短で稼ぎながら、スキルを身につけてください。

次にその身に付けたスキルと強化されたドメインを武器に収益を倍速で増やしてください。(2つの戦略を使ったブログ運営はネットビジネスの入口に過ぎません)

 

特化型のSEOトレンドブログもいいしSNS戦略のブログでもいい、やれることはたくさんあります。コンサルなど人を相手にする仕事も希望があれば学べます。

 

ネットビジネスは最初に大きな資金が必要ないし、かけた時間がそのままお金に直結します。リスクも他の仕事に比べれば比較にならないほど少ないです。

今後、ますますネットビジネスが新しい稼ぎ方として認知されていくことは間違いありません。少しでも早く “手に職” を付けてしまいましょう。

 

感情ライティングやコンサルについての質問、ブログに関するお悩みをお聞きします
⇩ ⇩ ⇩

無料個別相談会